人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

前回の続きです。手の具合が悪いので、長文は無理ですので今回も少しだけですが何度かに分けて掲載します。扶桑ドリームです。

2019ジャパンゴルフフェア その2_a0296812_23554146.jpg
今回はレーザー距離計が各社からいろいろ出品されていました。


2019ジャパンゴルフフェア その2_a0296812_00002955.jpg


2019ジャパンゴルフフェア その2_a0296812_00001957.jpg
Volvikの物が軽くて持ちやすかったかな。


2019ジャパンゴルフフェア その2_a0296812_00034548.jpg
今回はここまで、次回をお楽しみに。



# by KE_KGD | 2019-03-28 00:07 | Comments(2)
今年もジャパンゴルフフェアに行きました。行くつもりではいましたが最近は発症したリュウマチのせいで手が不自由なことが多いので不安でした。しっかり通院して治療してもらっていたせいか、悪化がストップしているので予定通り行くことにしました。平成最後のフェアですので期待していましたので嬉しい気持ちでした。 taotenさんと横浜駅で待ち合わせしていました。無事に落ち合い一緒に桜木町駅へまで電車で移動、徒歩で会場のパシフィコ横浜まで行きました。
2019ジャパンゴルフフェア_a0296812_23232687.jpg
 
                                                                             会場へは10時のオープンまでに着きました。すでに入場のパスは例年通り用意していたので始まる前に中へ入りました。とりあえずあちこち見て回ります。  今回はツアースペックゴルフのクリスさんが出展していましたので立ち寄って挨拶と握手しました。隣は共栄ゴルフさんで社長さんがいたので挨拶と新製品のパターの説明をしていただきました。

 
2019ジャパンゴルフフェア_a0296812_23383517.jpg
 

SEVENブランドのパターです。


2019ジャパンゴルフフェア_a0296812_23423514.jpg
 

共栄ゴルフさんの製品です。

少し手の具合が悪くなってきたので今回はここまでで、続きはなるべく早くします。





# by KE_KGD | 2019-03-25 23:54 | Comments(2)
E=mcって知ってます?アルベルト・アインシュタインの質量とエネルギーの交換の式ですね。私はこういった本が好きで休憩時間や病院の待ち時間などに読みます。画像の本なんかはかなりかみ砕いてわかりやすく書いています。もっと難しい本も読んだことありますが本自体の重さが重いので携帯していつでも読めるという点ではこんな雑誌みたいな本が便利です。ゴルフと関係無いかというとそうでもなくて色々な事象は考えさせられることが多々あります。ボールの飛び方や曲がり方なんかも物理的に証明可能な範囲の事象だと思います。でもパッティングとなるとなかなか計算通りに行きませんし、不思議な偶然の要素の多いゲームだと思います。だからおもしろいのかもしれませんね。グリーン上のボールはさも自由電子や素粒子のごとく勝手な振る舞いをしてくれます。相対性理論はドライバーやアイアンショットなら説明つきますが、パットはまるで量子理論の世界でのゲームのようです。グリーンの上って小宇宙ですね。
相対性理論_a0296812_20155011.jpg

# by KE_KGD | 2019-01-29 20:18 | Comments(2)
彫刻の作業をしているところです。私の所では刻印を使った文字及びマーク入れはほとんどしません。以前はこのような文字やマークを入れる作業は外注でやっていましたが数年前から全て自社で入れるようにしています。CNCの機械を使って私がプログラミングして動かしています。機械自体のスピンドルは回さずに取り付けた高速で回転するスピンドルで文字を彫っていきます。なぜそんなことをするかと言うと私のところの機械は全てそこそこ高速で回転できるスピンドルの仕様になっていますが文字やマークに使う刃物の直径は0.2~0.5㎜を使うので10000rpmでも回転数が足りません。切削条件が満たせないとゆっくりとしか削れずに能率が悪くなるので機械に増速機を取り付けて必要な回転で削ります。機械自体のスピンドルは大きな刃物で重切削にも耐えれるようにミーリングチャックの大きさにもよりますが大きく太い主軸を回転させます。回転する物と言うのは太くて長く重い物ほど高速回転で回す際、回転の遠心力やそれ自体の重力などの力によって回す際に負担が大きくなります。長時間回すとベアリングの損傷にもつながり、本来こういった細かい作業は専用機でやる方が良いのです。いずれは専用機を導入しようと思っていますがかなり高額なので、今のところ有る機械でまかなっています。そのためには高速で回転させる必要があるのでアタッチメントで高速回転できるスピンドルを取り付けて加工しています。画像のようにラウンドした丸味のある面にも同時3軸でプログラミングして文字を彫ります。
彫刻_a0296812_09485664.jpg

# by KE_KGD | 2019-01-25 09:49 | 機械 工具 | Comments(2)
ゴルフのブログでありながら関係無い話ばかりが続いているので、そろそろゴルフに関係した事を書きたいと思います。CPM01-K/Rではラインは1.5㎜の太さで入れています。それを5㎜くらいに太くしてみました。なぜ太くしてみようと思ったかは、私も歳のせいか、もしくは職業病(溶接をするので)目が悪くなってきました。特に近くの物が見にくく乱視がひどいので特に白く光る物(電球とか信号機、お月様など)を見るといくつもに見えてしまいます。細長い物も真っ直ぐに見えないので運転時等は眼鏡をかけています。従来の物をアドレスしてパッティングしようとするとラインが真っ直ぐに見えないようになっていたので、太くして帯状にしてみたらしっかり見えて構えやすいのではないかと考えて5㎜程度まで太くしてみました。そうすると今まで歪んで見えていたラインがしっかりと見えてパターをよりスクエアに構えることが出来るようになりました。ラインを太くしたことでパターが歪んでアドレスしていると太いラインだとよく分かるのでアドレスが悪いというのもよく分かって良いと思います。全ての人がこのようにすると良いとは言いませんが試してみる価値はあると思いますのでご自分のパターにテープでも貼って試してみてはいかかでしょうか。
CPM01-K/R 太ライン_a0296812_12132038.jpg
CPM01-K/R 太ライン_a0296812_12141801.jpg
CPM01-K/R 太ライン_a0296812_12161744.jpg
CPM01-K/R 太ライン_a0296812_12152785.jpg


# by KE_KGD | 2019-01-21 12:17 | putter | Comments(0)