ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

E=mcって知ってます?アルベルト・アインシュタインの質量とエネルギーの交換の式ですね。私はこういった本が好きで休憩時間や病院の待ち時間などに読みます。画像の本なんかはかなりかみ砕いてわかりやすく書いています。もっと難しい本も読んだことありますが本自体の重さが重いので携帯していつでも読めるという点ではこんな雑誌みたいな本が便利です。ゴルフと関係無いかというとそうでもなくて色々な事象は考えさせられることが多々あります。ボールの飛び方や曲がり方なんかも物理的に証明可能な範囲の事象だと思います。でもパッティングとなるとなかなか計算通りに行きませんし、不思議な偶然の要素の多いゲームだと思います。だからおもしろいのかもしれませんね。グリーン上のボールはさも自由電子や素粒子のごとく勝手な振る舞いをしてくれます。相対性理論はドライバーやアイアンショットなら説明つきますが、パットはまるで量子理論の世界でのゲームのようです。グリーンの上って小宇宙ですね。
a0296812_20155011.jpg

# by KE_KGD | 2019-01-29 20:18 | Comments(1)
彫刻の作業をしているところです。私の所では刻印を使った文字及びマーク入れはほとんどしません。以前はこのような文字やマークを入れる作業は外注でやっていましたが数年前から全て自社で入れるようにしています。CNCの機械を使って私がプログラミングして動かしています。機械自体のスピンドルは回さずに取り付けた高速で回転するスピンドルで文字を彫っていきます。なぜそんなことをするかと言うと私のところの機械は全てそこそこ高速で回転できるスピンドルの仕様になっていますが文字やマークに使う刃物の直径は0.2~0.5㎜を使うので10000rpmでも回転数が足りません。切削条件が満たせないとゆっくりとしか削れずに能率が悪くなるので機械に増速機を取り付けて必要な回転で削ります。機械自体のスピンドルは大きな刃物で重切削にも耐えれるようにミーリングチャックの大きさにもよりますが大きく太い主軸を回転させます。回転する物と言うのは太くて長く重い物ほど高速回転で回す際、回転の遠心力やそれ自体の重力などの力によって回す際に負担が大きくなります。長時間回すとベアリングの損傷にもつながり、本来こういった細かい作業は専用機でやる方が良いのです。いずれは専用機を導入しようと思っていますがかなり高額なので、今のところ有る機械でまかなっています。そのためには高速で回転させる必要があるのでアタッチメントで高速回転できるスピンドルを取り付けて加工しています。画像のようにラウンドした丸味のある面にも同時3軸でプログラミングして文字を彫ります。
a0296812_09485664.jpg

# by KE_KGD | 2019-01-25 09:49 | 機械 工具 | Comments(2)
ゴルフのブログでありながら関係無い話ばかりが続いているので、そろそろゴルフに関係した事を書きたいと思います。CPM01-K/Rではラインは1.5㎜の太さで入れています。それを5㎜くらいに太くしてみました。なぜ太くしてみようと思ったかは、私も歳のせいか、もしくは職業病(溶接をするので)目が悪くなってきました。特に近くの物が見にくく乱視がひどいので特に白く光る物(電球とか信号機、お月様など)を見るといくつもに見えてしまいます。細長い物も真っ直ぐに見えないので運転時等は眼鏡をかけています。従来の物をアドレスしてパッティングしようとするとラインが真っ直ぐに見えないようになっていたので、太くして帯状にしてみたらしっかり見えて構えやすいのではないかと考えて5㎜程度まで太くしてみました。そうすると今まで歪んで見えていたラインがしっかりと見えてパターをよりスクエアに構えることが出来るようになりました。ラインを太くしたことでパターが歪んでアドレスしていると太いラインだとよく分かるのでアドレスが悪いというのもよく分かって良いと思います。全ての人がこのようにすると良いとは言いませんが試してみる価値はあると思いますのでご自分のパターにテープでも貼って試してみてはいかかでしょうか。
a0296812_12132038.jpg
a0296812_12141801.jpg
a0296812_12161744.jpg
a0296812_12152785.jpg


# by KE_KGD | 2019-01-21 12:17 | putter | Comments(0)
a0296812_00102691.jpg
播磨国総社 射楯兵主神社(はりまのくに いたてひょうずじんじゃ)の初ゑびす祭に行ってきました。ほぼ毎年行きます。家族で行きました。画像にお供えのマグロに賽銭を貼り付けました。去年は上手く貼り付けられなくて落ちちゃったので、そのせいもあったのか運が無く、ろくでもない病気や怪我ばかりしてしまったので今年は落ちないようにはぁ~っと賽銭に息を吹きかけ少し湿らしてからマグロに貼り付けました。こうすると滑らずに魚に賽銭がくっつきます。うまくくっついたところで柏手打ってお祈りしました。その後、福笹を授与して頂き、福神楽を巫女さんに踊って頂きました。お払いを受けて、今年は頑張ろうと決意致しました。
a0296812_00111291.jpg



# by KE_KGD | 2019-01-18 00:13 | Comments(2)
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。去年の3月以来の久々の更新です。怠けてたのではなくて重傷の骨折に見舞われてしまってしばらく動けませんでした。交通事故とか転倒、打撲といった外傷性のものではなくて肋骨がいつの間にか折れてしまったという、いわゆるいつの間にか骨折ってやつです。胸が尋常でない痛みに見舞われておかしいなとは思っていたのですが心当たりが無くて、場所的に内臓ではないなと思ったのでしばらく経てば治るだろうと思って放っておいたのです。しかし、3日経っても1週間経ってもとうとう1ヶ月過ぎても全く痛みが治まりません。痛みには辛抱強い私もほとほと参ってしまって近くの整形外科へ行きました。診察してもらったら先生の見立てでは骨折じゃないかと言われるので、私は先生に全く心当たりがありませんと言いましたが、一応、念のためレントゲン撮影をしましょうということになりました。撮影が終わって再度、診察室へ通されました。先生がレントゲンを見てすぐに折れてますよと言われたので体を肋骨バンドで固定することになりなおかつ、安静にして動くのは最小限にしてくださいと言われました。日常生活はドクターストップによりままならなくなってしまいました。最初に処置が遅れたことにより完治するのに秋が終わるまでかかってしまいました。やはり、おかしいなと思ったらすぐに病院に行くべきですね。ブログの更新が出来なかったのは骨折したこともありますが、骨折の完治と入れ替わりに回帰性リウマチ と言う病気にかかったようです。なんだか両手が握れなくなって赤く腫れて指が痛くてしかたありません。これは困ったと同じ病院で診てもらいました。病院はリュウマチ科もあって先生がリュウマチに詳しいみたいなので続けて通院することにしました。初めは腱鞘炎を疑っておられたのですが、一向に回復せず症状が進んでしまって、ここへ来て回帰性リウマチ という診断になりました。回帰性リウマチ は普通のリュウマチと違って血液検査では出てこないらしいのでリュウマチの様な症状がでることによって医師の判断でリュウマチの治療をすることになりました。両手が不自由だったので当然、仕事なんてまともに出来ませんし、ブログの更新も出来ませんでした。年が明けてリュウマチの治療を始めたら少し楽になってきました。PCのキーも押せる様になったので早速、ブログを更新した次第です。
a0296812_20122377.jpg
去年、かわったことと言えば1台機械を導入しました。マシニングセンタが買えたら良かったのですが、そんな予算も無いのでCNCフライスを買いました。マシニングと違ってフルオートではありませんが手動で工具交換も出来るし、長いプログラムもこの機械、リモートバッファでPCから操作可能なので複雑な物も作れます。マシニングセンタの補助として使っていますがなかなか頑丈で、使い勝手の良い機械です。ソールのスリット溝をを彫る時はマシニングセンタよりもこのCNCフライスの方が作業も楽で刃も長持ちします。なぜ長持ちするかと言いますとマシニングセンタでは切削油に水性を使っていますが、CNCフライスには油性の油を入れました。水性だと冷却や品物の洗浄に手間がかからないというメリットがありますが、硬い金属を削るわけですから摩擦で刃が磨り減ります。油性だとこの潤滑といった部分は水性よりも遥かに性能が良いので刃の保ちが良くなるのです。スリット溝は1㎜程度の幅なので1㎜のエンドミルを使います。このCNCフライスを入れるまではマシニングにさせていたのですが、エンドミルがすぐに折れてしまい、あまり持ちませんでしたがCNCフライスを油性切削油にして回転も増速機を装備し回転数を15000rpm以上で回す事が出来たので、なんとマシニングセンタでやっていたときより刃保ちで10倍、加工時間も2分の1に短縮出来ました。マシニングセンタは何でも出来ますが、出来ると言うだけであり、加工という物はやはり適材適所で加工に合ったものにしなくては駄目なんだなと改めて思いました。ブログも手の調子が良いときは出来るだけ更新をしていきたいと思っています。長らくお待たせしておりましたが今年は治療をしながらもっと頻繁に書きたいと思います。


# by KE_KGD | 2019-01-13 20:23 | KITADA GOLF | Comments(2)