ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今回は銅の黒染めです。ウエッジに銅メッキを施した物をアンティークな外観にするために黒くします。画像にある様に液の中へ漬けておくと徐々に黒くなっていきます。時間とともに黒くなっていきます。この後は軟らかいナイロンブラシとかスコッチブライトなどで表面を軽く磨くと黒いところが少し剥げて焦がしたような感じになります。今回はウエッジでしたがパターでももちろん出来ます。真鍮とか砲金でも出来ますのでいずれ掲載したいと思います。
a0296812_16515265.jpg
a0296812_1652054.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2015-05-25 16:52 | KITADA GOLF | Comments(4)
前に掲載したドライバーですが、一応組み上がりました。ヘッドはPING G10の9゜に決定。先に使っていたG30はまあく君とはどうにも相性が良くなかったのですがG10は今まで使っていた古いカムイのヘッドと大きさも近いし形も似ているので本人もこれに期待しています。ヘッドが決定したところでシャフトはあまり知名度は無いメーカーですがシャフトを供給してくれましたのでサンキプラナリアというメーカーのシャフトを使うことにしました。このシャフトのすごいところは単純に飛んで曲がらないことです。お値段の方は22万円~28万円と高額なのですがオーダーで1本作ってくれますので、オーダーできると言う点は普通にシャフトメーカーに特注でオーダーすると30万円以上かかりますのでその意味では安いと言えます。まあく君がこのシャフトで打つと飛距離が20ヤード伸びるとのことです。彼は平均290ヤード位なので300は楽に超えてしまう訳で飛ぶ様になった分は少し加減して狙うように打てると大変気に入っています。
a0296812_20545593.jpg

ところでG30なんですけど結局、使わない事になってしまったのでヘッドは私の研究用にしばらく使わせてもらうことになりました。時間が有ればの話ですがシャフトは私が打つのだったら何でも大して変わらないと思うので、頂き物のコンポジットテクノのシャフトを付けてみようと思っています。簡単に分解して調べたところいわゆるカチャカチャの部分の重量が思ってたより重くて8g有りました。固定用のM5のトルクスボルトはUS304と思われます。重量は3gでしたのでアルミでできたスリーブは5gの重量でした。一見したところスリーブに出っ張りが設けてあり、これをブラス方向やマイナス方向差し替える構造になっています。見た目だと部品は頼りなく見えてしまうのですが付けてしまえば強度は問題無いようです。しかし私が思うにこういう構造のドライバーは注意しないと固定用のボルトが金属疲労で折れてしまうのではないか、そしたらヘッドが抜けて飛んで行ってしまうのではないかという心配が頭をよぎりました。仕事で使うミーリング用のカッターも刃であるチップをスクリューで止める方式が今では主流ですが、チップを止めているスクリューも小さなネジなので時々交換しないと折れてしまいます。こういう力のかかる箇所に使うボルトなどネジ類は寿命が有って折れてしまう前に見た目に何ともなくても新品にしておく用心さが必要だと思います。何かわかったことがありましたらまた掲載したいと思います。
a0296812_20554073.jpg

a0296812_2055507.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2015-05-21 21:00 | Comments(0)
画像のクオカードはまあく君からいただきました。岐阜オープンの時に#7番ホールでホールインワンしたので掛けていたホールインワン保険が出たとのことでいただきました。保険屋さんからはプロのトーナメントでのホールインワンなので保険は適応できないかもしれないと言われていたらしいですが保険会社もまあく君がまだプロで無いことと未成年なので大目に見てくれたのだと思います。2度有ることは3度あると言いますのでまた近いうちにやってくれることを期待しています。ここのところは天気にたたられて予選落ちが続いていますが台風6号の中ではちょっと無理が有りましたがゴルフって自然が相手の時もありますけど台風直撃の最中のラウンドについては何か救済措置とかないもんなんでしょうかね。本人は気にしていないようなので次頑張ってもらいましょう。ドライバーもチェンジももうすぐです。PINGのG10の9゜にヘッドは決定、アメリカのってヘッド重量が重くて200gあります。45インチだとバランスが重すぎになるので半インチほどカットしてバランスはD2くらいで調整しようと思います。ロフトの少ないヘッドもいただきましたので打たせて見ましたがアメリカ人のメジャー用ということもあり、これは低い球しか出なかったのでまだ使うには早いとな思いました。体が成長してパワーと身長が大きくなれば使える様になってくると思われますのでロフトの少ないヘッドは将来のために温存しておきます。
a0296812_17543269.jpg

いつものことですが仕事が忙しくて大変なときに限って故障するんですよね機械ってやつは。なにやら突然動かなくなりましたが、通常出るアラームが出ません。いろいろチェックするとATC(オートツールチェンジ)に問題があるようです。フィールドネットIOと言って各センサーの動作状況を確認できる画面をチェックするとATC開閉シャッターの近接スイッチの信号が閉めも開きも両方出たままの状態で機械はそこから先の動作が確認出来ない状態になっていました。こういった場合は開きか閉めのどちらかの近接スイッチが壊れている可能性がありますが調べると開きの方の近接スイッチには異常は無いようです。となると閉めの近接スイッチと言うことになりますがスイッチ自体は生きているみたいでどうやらスイッチからNC制御盤までの道中の電線コードに問題ありの様です。途中の中継コネクタを外すとフィールドネットIOの閉め確認がOFFになったのでどうやら途中で断線してショートをしているようです。画像にあるコードを新品に交換したら直りました。良かったです。
a0296812_17564622.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2015-05-16 18:00 | Comments(2)