ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アルハイス-Ⅲとは画像の材料のことです。製造メーカーは神戸製鋼。材種はアルミニウムA5052です。アルミ製のパターの製作依頼が有りましたので仕入れました。特に相手側から材種の指定が無ければこれを使うようにしています。アルミの場合は同じ材料表記でも値段も質もいろいろで安い物ほど材料にムラがあるのでどんな物でも同じとは思わないようにしないといけません。OEMだとどうしても値段の方が先に立つので安っぽいアルミで加工することが多いです。悪いアルミだと内部応力が大きく寸法の狂いや、硬度にムラがあるのでエンドミルが破損したりします。悪いアルミの方が削るのが大変で、品質もばらついて良くありません。その点、この神戸製鋼のアルハイス-Ⅲは内部応力がほぼ0で材料の段階で厚みなど寸法も100分台(0.01mm単位)の精度です。質も非常に優秀でアルマイトも綺麗に染まります。削ってみても切削面に非常に光沢が有り、切り粉処理も大変楽です。良いことずくめなこのアルミの欠点は他のメーカーに比べると高価なことです。しかし、アルミ製のパターの材料としては非常に適していると私は考えています。内部応力や硬度ムラが無いことで打感に与える悪影響も有りません。いずれこの材料を使ってオリジナルのパターを作ってみようと思っていますが、今はとっても忙しいのでもうちょっと先の話かな。
a0296812_22261915.jpg

以下は神戸製鋼による製品説明です。

当社はこのほど、高精度アルミ厚板「アルハイス®-III」の販売を開始しました。
「アルハイス®-III」は、既存商品のアルハイス-II®をレベルアップさせたハイエンド分野向け高精度アルミ厚板です。アルハイス-II®と比較して、板内部の残留応力の極小化と表面品質の向上を実現しました。
「アルハイス®-III」は、全国の流通店経由で販売される「高精度アルミ厚板」で、主な最終用途は「半導体・液晶製造装置」「太陽電池パネル製造装置」「ロボット/精密機械」などになります。
 当社は高精度板を10年以上前から製造しており、「アルハイス®」⇒「アルハイス-II®」⇒「アルハイス®-III」と常にユーザーニーズを商品に取り込むことを心がけ、品質改善を重ねてきました。なお、今回、残留応力の極小化を実現したことにより、「アルハイス®-III」にアルソラン®(切削加工歪対策商品)の機能を統合し、同商品の製造を中止します。
 「アルハイス®-III」の名前の由来は、「アル=AL、アルミ」+「ハイスコー=高速度鋼」の造語であり、高速度鋼の特長である高い切削適性にちなんで名付けました。
[PR]
by KE_KGD | 2013-11-21 22:29 | 材料 | Comments(5)
ライン加工です。難しい作業ではありませんが、パターの取り付けには注意を払って据え付けねば入れたい箇所に正確に入れることはできません。加工に使う機械はフライス盤です。画像の機械を使いますがこのタイプはラム型とかタレットヘッド、治具ボーラーとかいろいろ呼び名が有りますが便利なのはヘッドを任意の角度に傾けることができることと、クイルと言って主軸部分を基部から伸ばすことが可能です。まるでエイリアンの口みたいに出し入れできます。ベッド側も上下させることができるので高さ調整も簡単な機械です。この手の機械は金型を作っている所ではよく見かける機械ですが、いろいろアタッチメントを使えばかなり複雑な箇所の加工も可能な機械です。画像のようにヘッドを傾けスピンドルを寝かすことによって加工物との刃物のシャンク部(掴みしろの軸の部分)の干渉をよけながら刃物の先端で削りながらラインを入れていきます。真上からの加工ではキャビティ内やぎりぎりまで寄せてのライン入れはシャンク部が干渉して無理なのですが、傾けてやれば当たらないので奥までラインを入れられます。
a0296812_10513579.jpg

a0296812_10515451.jpg
a0296812_1052741.jpg

この機械を使わなくてもマシニングでも2軸以上の制御であればパター側を傾けてラインを入れることも可能ですがラインは数値制御でなくてもこのような機械が有れば入れられます。
この機械はスピンドルを傾けられるので斜め穴、ライ角の違う穴を開けたりするのにも使うことがあります。
[PR]
by KE_KGD | 2013-11-14 10:59 | 機械 工具 | Comments(4)
KG00Nです。KGの後に番号の物とアルファベットのものとがありますが、違いは番号の物は型番が決まるまでに他社ブランドで出していないものに付け他社ブランドで出した後に改良後、型番を付けたものとで分かれています。
KG00Nは〇-ジ〇ザ〇ンのGA00Aによく似てますね。似て手当たり前です。元は同じ物です。アルファベットの順はAから始まって、その時々順番に付けています。KG00Nだと14番目だということですね。当然AやBなども有りますが、現在は作っていないので在庫は有りません。新しい物を作るのに忙しいので古い物は暫くは作らないと思います。KG00Nの特徴はトゥヒールにかけて全長が短めで、ソールスクープ角やシャフトの進入角が無いのでソールをべったり付けるとシャフトは真っ直ぐ立ちます。真ん中に構える人に向いていると思います。人によってはフェースがかぶって見えることがありますがパターの場合、そもそもロフトが少ないのでそう言う傾向が有ります。かぶって見えたとしても、それがそのパターのスクエアであると言うことを把握して使うべきで、無理にあれこれやろうとするとたいていうまくいかなくなってしまいます。自分の使っているパターが構えた状態でフェースがどのような状態になっているかは実際には違うことも多いので、マメにチェックしておかなければなりませんね。
下のの画像はブラックボロン
a0296812_1730167.jpg

a0296812_17312174.jpg
a0296812_17313851.jpg
a0296812_1739449.jpg

次はDLCブラックかなり黒いです。
a0296812_17401720.jpg

そしてDLC GALAXY
a0296812_1741422.jpg

ブラスト仕上げ
a0296812_17452621.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-11-04 17:55 | putter | Comments(2)