ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

KG001の特注品です。これはなかなか作るのに苦労しました。まず、ネックの長さを決めるのにずいぶん手こずりました。オーバーホーゼルミッドスラントでと言う依頼でしたがインナーだったら今までヘッドは違っても沢山経験があるのでおよそどの位にすればよいといったデーターがあるのですが形が変わるとまず、ネックの太さそのものが大きく違って感じが全くちがった物になってしまいます。差し込み口の太さがシャフトの径と同じになるのでそこからのヘッド本体までのつながりの感じに違和感の無いようにサイズを決めなくてはならないのが、シャフトの径に制限されてしまうため、どうしても細く見えてしまうのをなるべく感じさせないように長さも確保するのが難しかったですね。オーナー様にはかなりの期間お待たせしてしまいましたが、精一杯頑張りました。画像は出荷前に撮ったのでシュリンクがしてありますが、感じは分かって頂けると思います。このパターはいい経験になりました。
a0296812_23504954.jpg
a0296812_23511782.jpg
a0296812_23514319.jpg
a0296812_23522127.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-30 23:54 | KITADA GOLF | Comments(4)
KP-2です。これも作られた経緯はKP-1と同じような理由です。ニューポート2とよく似ていますね。だいたいこれを選んでくれる人はニューポート2を使っている人が多いです。ニューポート2だと軽いとかやはり細部の作りが粗っぽくて気に入らないとか、個体差が大きく自分の持っているのは他のと比べてイマイチとか理由はいろいろあるようですが形が似ていて安心して乗り換えられると言ったパターです。材質は主にSUS303と鉄ですが、時々他の銅合金で作ることも有ります。画像の物はSUS303、フィニッシュはサテン仕上げにブラックボロンメッキを施した物です。ブラックボロンはDLCに比べるとその黒さや質感でやや劣りますが、とりあえず黒なので実用上問題ないレベルの仕上がりだと思います。黒さの質感もテフロンブラックに比べると塗装では無いので金属質ですね。
下の画像はKP-2F、ロフト4゜ソールスクープ角2゜ライ角72゜ですが作るときにオーダーされた物に関しては重量を含め自由に設定できます。
a0296812_10462828.jpg
a0296812_10463847.jpg
a0296812_1047450.jpg
a0296812_10471595.jpg
a0296812_10472893.jpg

下の画像はKP-2Gです。ラインを無くしてトップブレードにセンタードットのタイプです。
a0296812_10485619.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-24 10:52 | putter | Comments(5)
旅館に泊まった翌朝、そのまま姫路へ帰るのも時間があるのでどこかへよっていこうということになり、すぐ近くなので砥峰高原へ行くことにしました。私は何度か行ってるので珍しくも無いのですが、弟の家族は初めてなので、ここでノルウェイの森や平清盛が撮影されていたことで1度来てみたかったようです。爺ちゃん、婆ちゃんと下の娘、そして姪っ子と一緒にアンヌも記念撮影です。ここも高所なので気温は低いです。アンヌにとっては過ごしやすい所のようで元気がありました。
a0296812_21383370.jpg

オートバイや自転車で訪れる人が多かったです。
a0296812_2140455.jpg

砥峰高原はこれと言って何も無いところなので、次に生野銀山へ行くことにしました。生野銀山は昔、銀など鉱物を産出していた所です。今でも住友、三菱マテリアルと言った会社が往き道にありますが、銀山自体はすでに廃鉱で観光施設になっています。まずは銀山に入場して記念撮影。生野銀山は犬の入場もOKです。
a0296812_21451026.jpg

この後、坑道へ入っていきますが、入るなり猛烈に冷えていて気温は年中13度だそうで数分で鳥肌が立つほど寒いです。外は35度以上あるのに中は13度ですから23度以上気温差があります。たぶん実際には25度以上あったと思います。暗い穴蔵が好きなのはダックスの習性でしょうか、アンヌは嬉々としています。
a0296812_21502121.jpg

a0296812_2151477.jpg

この後土産物売り場に入って、子供達は石掘りを楽しみました。砂の中に色の付いた石や石英などを掘り当てて楽しむといった遊びです。写ってはいませんが、その横では砂金取りが楽しめるようになっています。子供達は夢中で掘っていました。楽しかったようです。
ここの土産物店も抱いていれば犬をつれて入ってもOKです。
a0296812_21563785.jpg

そして、やっと我が家へ帰ったアンヌですが、ほっとしたのか、マッサージチェアの上でこんな寝相でぐっすり寝ていました。
a0296812_220789.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-22 22:03 | ダックス アンヌ | Comments(2)
前回の続きです。岩の上にいたアンヌですが、後ろへ下がって岩伝いに川を上っていきました。川上で下の娘と姪っ子が遊んでいたのでそっちに行きました。岩や石の上にピヨンと飛び乗り川へ落ちずに上手に伝って行きました。
a0296812_23161457.jpg
a0296812_23163416.jpg

時間が来たので旅館へチェックイン、建物に入ってすぐの所に生け簀が有ってその中には1mを遙かに超えるオオサンショウウオがいました。天然記念物なんですけど、許可を取って飼育しているらしいです。
二頭いました。旅館にこんなのがいるなんて珍しいですね。
a0296812_23225271.jpg
a0296812_23231397.jpg

旅館に入ってしばらくしてお風呂に入ってさっぱりして、少しお昼寝させて頂きました。アンヌは旅館の中には入れないので夕方、辺りをお散歩したあと、車へ戻って中でお留守番です。夕食は川床です。
お献立は画像の通りです。
a0296812_23311192.jpg

順番に出てきます。
a0296812_23315972.jpg
a0296812_2332381.jpg

昼間につかみ取りした鮎とアマゴの塩焼きです。私は川魚が好きです。
a0296812_23334972.jpg

次は煮物
a0296812_23344569.jpg

揚げ物
a0296812_23352993.jpg

そして最後はフルーツ
a0296812_2336918.jpg

どれも味は美味しかったので完食です。料理も美味しかったですが、ご飯が美味しかったです。
お代わりしてしまいました。それからとっても涼しかったです。午後6時の気温が画像の通りです。
クーラーや扇風機が必要有りません。とっても過ごしやすいさわやかな風が吹いていました。
a0296812_2341531.jpg

夜はもう一度お風呂に入ってアンヌと散歩しました。するとアンヌが何かを見つけて嗅いでいるので何だろうと見るとクワガタでした。燈火に誘われて飛んできたのでしょう、夏の夜ですね。
では、続きのその3は後日。
[PR]
by KE_KGD | 2013-08-19 23:49 | ダックス アンヌ | Comments(0)
帰省でお盆と言えばお墓参り、私の両親の出身地は父親が市川町で母が神河町です。姫路市からは播但有料道路を使えば30分程度ですが、そのまま帰るのも味気ないので弟の家族も横浜から帰省してきていましたので旅館に泊まっていくことにしました。母親の出である神河町ですが十年くらい前に神崎町と大河内町が合併してできた町です。母は神崎町でしたが私の祖母の出身は大河内町だと母が言っていました。
旅館は元の大河内町の峰山という山の麓にある豊楽という旅館です。
a0296812_23124521.jpg
a0296812_23132468.jpg

3時にチェックインの予定が少しばかり早く着いてしまったので子供達とアンヌは川遊びすることにしました。
旅館のすぐ下に川が流れています。旅館に頼んで子供達は鮎つかみを楽しみました。水の好きなアンヌはもちろん石づたいに川の中へ入って泳ぎましたが、この川の水がとっても冷たくて長くは泳いでられなかったようです。では続きはまた後日できるだけ早くします。
a0296812_23155466.jpg

a0296812_23143780.jpg
a0296812_231512.jpg
a0296812_23153126.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-18 23:17 | ダックス アンヌ | Comments(2)
カテゴリにputterを追加しました。こちらへは順次、当社製のパターを掲載していきたいと思っています。別作やその他のことは従来通りKITADA GOLFの方で載せようと思っていますがputterの方は定番で販売してある物を載せます。カタログなどございませんか?との問い合わせが多くなってきているので、まだカタログなど作っている余裕が無いのでカタログ代わりと言うことで始めようと思います。まずはKP-1から。このパターはキャメロンのNP-1に似ています。作った経緯がNP-1からの乗り換えで形は似ていて若干数値を変えると言う依頼が元だったので似ています。実は私はキャメロンとか他社製のパターはPING以外は持っていません。最初に依頼してきたお客さんが持っていた物を見せてもらって、コピーじゃ無くて、お任せするからあなたならこう作ると言ったパターを作って欲しいと言うことで生まれたパターです。画像の物のスペックは重量が346g、ライ角72゜ロフト5゜、シャフトの進入角2゜仕上げはガンブルー、フェースのミーリングの目はシングル、材質はSS400です。これ自体はずいぶん前に作った物ですので最近の物に比べたら軽いですが、5年前なら重い部類に入ってました。もちろんもっと重い物を作るのは可能です。もちろんCNCフルミーリングです。キャメロンと違う箇所はネックがややセンターよりに配置されている事、ロフトが1゜大きい事、ネックの差し込みに右から2゜斜めに入るようシャフト角が設けてある事、お客さんの持っているキャメロンではトップブレードに付いているRが研磨で不正確なのでCNCで数値制御で削っている事です。最初に作ってから15年は経っていると思いますが今でも時々作っています。SUSなど他の材種、ガンブルー以外の仕上げも有ります。画像はKP-1Gですが、FとGの違いはFがセンターライン、Gがセンタードットの違いで分けています。このモデルはフェースのミーリング目がシングルが標準ですが、ダブルのサークル目や鏡面仕上げなども別作として作ったことが有ります。
a0296812_11482367.jpg
a0296812_11483536.jpg
a0296812_11485328.jpg
a0296812_1149111.jpg
a0296812_11491136.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-15 11:56 | putter | Comments(3)
CPM01K/R用のインナーホーゼルです。この手のアイデアは最初から有ったのですが、オーバーホーゼルに比べると重くなりすぎて重量バランスが良くなかったので作っていませんでした。羊さんからの依頼でカーボンシャフト用にホーゼルを作って欲しいと言うことになりこの度作りました。いろいろな長さやサイズを試作した結果できあがりました。気になる重量ですが3g程度重いだけで気になるほどでは有りません。どうしてもオーバーホーゼルだとチップ側の内径で使えないシャフトも出てくるのでインナーだとその心配は有りません。穴径は9.4㎜ですが、9㎜でも作るのは簡単です。画像の物はまだ削りだしたばかりで仕上げていないのでステンレスの素地のままです
a0296812_1414141.jpg
a0296812_14142457.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-11 14:16 | KITADA GOLF | Comments(0)
KG002Gの特注品です。オーナー様の掲載許可をいただきましたので載せます。画像ではすでに出荷前の状態ですのでヘッドにはシュリンクが付けてあります。ヘッド重量に指定が有りましたので355gで作りました。シャフトはNS XXIP-B2グリップはイオミックミッドの組み合わせです。主な依頼の内容はキャビティ部にオンネームを筆記体で、ライ角68゜、全体の仕上げはサテン仕上げ、トップブレードにRを付けるといった内容です。サテン仕上げはステンレスの素地にヘアライン仕上げしたものです。ブラストに比べると艶が有りますがアイアンのクロムメッキほどは光らないので実用上は問題ないレベルかと思われます。しばらく使っていればそのうち表面の不動態皮膜が艶を失ってくるので最初はまぶしくてもそうでは無くなってきます。艶が有る方が良ければ金属磨きのクリームなどで時々手入れすれば大丈夫です。
a0296812_23475574.jpg

フェース面の仕上げにツールマークは付けていません。加工方法としてはフェース面を正面フライスするときにカッターにワイパーチップを仕込むことで非常に平滑な面を得ることができます。完全に鏡面にすることができます。ただこのままでは太陽光を反射してしまうおそれが有るのでフェース面も軽くサテン仕上げにしました。ツールマークを付けないことでのメリットとしてはタッチが感じ取りやすい事です。ツールマークを付けると打感が呆けるので神経質なタッチでは無くなるので気を遣いすぎなくて良いと言う感じはありますが、その反面繊細なタッチは望めないので加減はむしろ難しくなってしまいます。やや堅めの打感と言うのも慣れてしまえばどうしようもないものでもないのでメリットの部分を生かして頂ければと思います。慣れてくれば平滑なフェース面のパターの方が距離感も掴みやすいのではないかと私は考えています。
a0296812_012924.jpg

ソールはオーナー様のご希望通り3面ソールです。余談ですがKG002には船底タイプもあります。ご要望が有れば作っています。
a0296812_0184220.jpg

下の画像は上から見た感じです。撮影がヘタなので傾いて写ってしまっていますが、見て頂きたいのは、KGシリーズは1と2がありますがどちらもネックの立て方で他のシリーズと違った箇所が有ります。それはネックがやや前方に傾斜していることです。こうすることでネック基部がかくれてボトムの窪みが目に入らなくなります。パター本体がすっきりスクエアに見えます。KGシリーズはモチーフは存在します。もちろんピンアンサーです。ただし、設計は完全に私の独自です。
a0296812_014894.jpg

オーナー様には大変長らくお待ち頂きました。これに懲りずに御贔屓下さい。
[PR]
by KE_KGD | 2013-08-03 00:23 | KITADA GOLF | Comments(5)