ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

革グリップ試作2号

前に作っ革グリップの試作品2号です。今回は革の下に緩衝材を入れました。これて少し固かった握り心地も軟らかくなりました。縫い目も可能な限り小さく縫ってもらいましたが、縫い方は少し変えた方がよりしっかりしたゴムに添うと思うので次は縫い方を変えた物も試作してみようと思っています。この分はすでにまあく君に使わせようと送ったので近々、感想が聞けると思います。関西オープンの最終予選の前から少し調子がおかしくなっていたので残念ながら関西オープンは大叩きしてしまい駄目だったのですが、月末までには調整し直して仕切り直しです。好調っていつまでも維持するのは難しいですが、全体のゴルフのレベルを上げてもう1つ皮が剥けるのを待ちたいと思います。このグリップが役立ってくれるとを願っています。関西オープンの最終予選が雨天だったこともパターが入らなかった原因だと考えられますが本来得意なはずのパットでたたいてしまうというのは、何らかの原因があったのだろうと思います。疲れから集中力を欠いていたとも考えられますし、本人の話ではパッティングの際の振り方に問題を抱えてしまい修正に何ホールもかかってしまったことが大きな原因のようです。このグリップは特に水に対しての防水機能に非常に優れた皮革を使っています。通常の革グリップでも撥水処理くらいはしてある物も有るようですが、すぐにその撥水性は失われてしまう物がほとんどであるのが現状です。このグリップは1週間、水に漬けておいてもタオルで拭けば元通りになります。水そのものは濡れた際に表面に残るのですがこのグリップの場合、中に浸透しないので水濡れしていてもむしろ少し濡れているくらいの方が触り心地が良いのが不思議な感じです。これで苦手な雨も克服してくれるといいなと思います。


a0296812_11544491.jpg
a0296812_11545447.jpg
a0296812_11551923.jpg
a0296812_11552611.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2016-05-18 11:55 | KITADA GOLF | Comments(2)
Commented by taoten at 2016-05-20 21:04 x
完成形に近づいているようですね。
水に濡れた方が感触が良くなるなんて良いですね!!

あの恐竜ヘッドカバーの進捗状況は?
Commented by KE_KGD at 2016-05-20 21:40
taoten さん、今日、次の試作品ができあがりました。より感触が良くなっていて後ろの縫い目もストレートになっていてかなりよくなっていました。重量も55gとゴムグリップのレギュラーサイズと同じ重量で重量にできました。重量自体は革の厚みでも調整できるので多少のプラスマイナスはコントロールできます。後は下ゴムの形状を決めて生産に移すだけですが、下ゴムの形状を決めるのに今、思案中です。形状はほぼ同じで問題ないと考えていますが、グリップの先端やエンドの部分の形状をもう少し改良したいと考えています。
あの恐竜ヘッドカバーはもう少しすれば次の試作品ができあがってくると思います。