ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

実験

ドライバーのスリーブを止めているネジを変えてみました。材種はチタン6AL4V(通称ロクアルミヨンバナ)を使用しました。SUSのボルトの重量が3gでしたがチタンは1gですので-2gにです。打ってみた感じはというとわずかな重量ではありますが効果は実感できます。私ごときが打って本当かなと思われるかもしれませんがノーマルだと左右に散っていた球も前に飛ぶ様になりましたので重心位置が変わったのだと思われます。ドライバーはパターと違って振るスピードが速いので慣性も大きく働くのでしょうね。チタンボルトを使うことで心配していたことは折れないかなと言うことで、どのくらい使うと何㎜伸びるか計測してみました。最初使う前は12.773㎜でした。20球打ってからもう一度計ってみると12.98㎜でした。0.207㎜伸びていました。見た目は何ともなく伸びた様には見えませんがマイクロメーターで測っているので実測値です。初期伸びとも考えられますのでしばらく実験を続けて様子を見たいと思います。
a0296812_2115547.jpg
a0296812_21151735.jpg

この実験を行うために練習ネットを買いました。工場の中は広いのでもっと大きなやつを買おうかなと考えましたが邪魔になったとき片付けるのが面倒なので下の画像の物にしました。ドライバーを振るのも20年以上振っていませんでしたし、実はチタンのドライバーを使うのはこれが初めてです。前に使っていたのはパーシモンでした。運動不足なので良い運動になっています。
a0296812_2121311.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2015-06-08 21:23 | KITADA GOLF | Comments(3)
Commented by taoten at 2015-06-09 10:55 x
なに!!チタンドライバーを打つのは初めて。。。。。
パーシモンしか打ったことが無かった。
それも20年以上前とは驚愕の事実発覚ですね。
でも、これを機会に日夜データのため打ち続けてください。
Commented by life-is-vain at 2015-06-09 21:27
私も、taotenさんに「右へならえッ!」。
なに!!。
なに!!!。
チタンドライバーを打つのは初めて。。。。。

taotenさん。
保存しておいた「パーシモンの雑誌」プレゼントですかね~

KITADAさん。
チタンだから伸びは少ないでしょうが、鉛だとビロ~ンですよ。

私は入れませんが、シャフトの中に入れるバランス鉛は接着が不十分だとチップ~バット方向に伸びちゃいます。
Commented by KE_KGD at 2015-06-10 00:22
taoten さん、ドライバーは専門外で外科と内科どころか肛門科と歯医者くらい差が有ってパターに専念していたので長らくドライバーを触りもしていませんでした。その間に時代が変わってしまっていましたね。打ち方が全然違っていて最初は当てるだけでした。
life-is-vain さん、もっと驚きはカーボンシャフトもついでに初めてなんですよ。昔はスチールシャフトだったですからね。