ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

マシンソー

マシンソーって機械です。知り合いの鉄工所が廃業するときにもらってきたのですが持って帰ってきた時はモーターが壊れていて動きませんでした。古い機械ですのでお金をかけるのはもったいないと思ったのでヤフオクで同じモーターを探しました。¥1,000であったので買って取り替えました。取り替えたら何の問題もなく動き出しました。しかし切削油がなかなか上がってきません。タンクに穴が開いているようで入れても溜まりません。仕方がないので外にバケツを置いてバケツに油を入れそこからくみ上げて使うことにしました。油と言っても水性なのでベタベタにはなりません。ノコギリの刃に切削油をかけることができるようになりました。実際に材料を切ってみます。レトロな機械ですがその能力はかなりのもので勢いよく材料を切断していきます。最初は貰ってきたときに付いていた国産の刃を使いましたがすぐに切れなくなってしまいました。刃を買い足すときにこういう物はきっとスエーデン製の方が長持ちするだろうと思ったのでバーコの物を買いました。さすがスエーデン鋼、非常によく切れて耐久性も遙かに高いです。同じ材料の切断で国産(有名メーカーです)だと10個位しか切断できないところを200個以上切断できました。どちらの刃も材料表記はHssです。同じ材種の刃ということです。冶金学のレベルの差なのか焼き入れ技術の差なのか元々の鉄鉱石の質の差なのかはわかりませんが結果は歴然としています。このことはノコギリの刃だけでは無くてドリルとかエンドミルもそうですし、車の部品でもショックアブソーバーのバネはレースではスエーデン鋼のバネが多く使われていて、どこの国のバネもスエーデン製のバネの品質や性能には遠く及ばない状態です。何が違うんでしょうね。元々の鉱石の品質に差があることは想像に難くないことですが、それだけでは無いと思います。たとえばSANDVIK社はスエーデンのサンドビゲンという所にありますが元々は国営の製鉄所で日本の新日鐵みたいな会社です。私がいつもお世話になっている工具屋さんがサンドピックの工具をたくさん売ったことで表彰したいと招待されたので何度かサンドピック社へ行ったことがありますがそのときにサンドピックの工場見学をして驚いたのは製鉄現場でも塵一つ落ちて無くて非常に清潔にされていたことでした。たぶん日本のオフィスより綺麗で床に寝ころんだとしても服が全く汚れないレベルだそうです。私も学生の時に姫路の製鉄所を見学したことがありますが服は汚れました。このように品質管理以外の部分での管理や清掃といった部分での差が大きいのでしょうね。私の所も見習わなければなりませんが、そんな大会社ではないのでお金に余裕がありませんからできる範囲で掃除をすることを心がけたいといつも思っています。画像はSUS303を切っているところです。サクサク切れます。下の娘がこの機械で材料を切断するのを見るのがなぜか楽しいらしく切っているところを眺めています。切れると自動停止するのですが、切れたよーと知らせに来てくれます。単純な動きの機械ですが動いているところを見るのはなぜか楽しい機械です。
a0296812_11272957.jpg
a0296812_11275478.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2014-11-16 11:36 | 機械 工具 | Comments(4)
Commented by リョウスケ at 2014-11-18 23:35 x
バーコの刃いいですよね、仕事で金鋸やバンドソー、セイバーソーなどを使ってるのですが、レノックスとバーコは国産の物とは比べものにならないですね。
ニッパーはバーコを使ってますが電気工事士の使用率も高いのでさすがですね。

今ではスエーデン鋼ってあるだけで、んっ?て気になります(笑)
Commented by KE_KGD at 2014-11-19 14:45
リョウスケ さん、本当に違いがはっきりわかりますよね。どうも日本人って自国の製品に自信があるのか、それとも自惚れが強いのか、単純に使ったことが無いから知らないだけなのか日本製より優れた物を作っている国はまだ他にもあります。工具関係はスエーデン製は使うとその切れ味や耐久性が誰にでもはっきりとわかるほどの違いがあるので職人ほどスエーデン製を使っていますね。スエーデンって北欧の田舎の国のイメージが強いですけどかなりの工業技術がある国です。この分野では日本は手も足も出ないくらい技術に差があります。
Commented by simatao55 at 2014-11-23 10:59
なんでも自分が1番なんだと思ってしまうと向上心が無くなりますね。
素材が良くて技術力のあるスエーデンは日本人が思う以上に工業国なんですね。
そう言えば車のボルボ、サーブもスエーデンだ!!

Commented by KE_KGD at 2014-11-24 08:46
simatao55 さん、世界に目を向けるといろいろ優れた物が有りますよね。素直に認めてそれを取り入れることでより良い物が生まれると思います。ボルボやサーブもそのデザインには?の部分は有りますが耐久性は誰もが知るところだと思います。車の話だとスエーデンではBMWが多いそうです。車は頑丈なだけでは駄目なんでしょうね。