ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

前回の説明

前回、2つのヘッドの形状の違いについて説明すると言いましたのでもう少し詳しく違いについて説明させていただきます。違いはトゥヒールの形状とサイドのアウトラインに違いがあります。
a0296812_1638142.jpg

a0296812_16382171.jpg

RRSの方はリョウスケさんの要望でトゥからセンター、センターからヒールへは回り込む様に成形しました。通常はRタイプの場合は20RのRを角に付けてあります。(2枚目の画像参照矢印と矢印の間だけがRであとはストレート)通常品はサイドのアウトラインは58㎜ストレートなのですが、全体にRを付けて丸くしてあります。この形状の違いに私自身は特にどちらが良いと言うメリットは感じていませんが視覚的な物は個人の好みで、それが良ければそれでベストだと思います。問題は1つめの画像の様に回り込んだ形状となったときの場合で、このような形状となるとトゥヒールの上から見たときの見え方はブレードの先端が大きく欠けた様な形状となって見えます。このような形状はフェースに対してトゥヒールがスクエアに見えないのでフェースやセンターのラインだけを頼りにフェースの向きを合わせなくてはならないのでアドレス時に不安を与えてしまい、修正に時間と集中力を消耗してしまいます。これでは丸くする意味が無いのでそうならない様に上から見た形状が崩れない様に下半分くらいを丸くする事で丸く見せながらトゥヒールが欠けた形状にならない様にしています。どのような形であれ、すっと構えてフェースがカップに対して正しい向きを判断しやすい様にすることがパターには求められていると思います。
下の画像はお土産でもらったクッキーです。
a0296812_16391182.jpg

まあく君が兵庫県の山東で試合があったので帰りに寄ってくれました。そのときのお土産です。おいしかったのでうちの女共がほとんど食べてしまい朝食べようと思ったら残ってませんでした。ミズノや関西オープンのマンデーではアイアンショットがいまいち良くなくて予選通過はなりませんでしたが、ジュニアレベルの試合ではアイアンが少々悪くても優勝争い出来てるみたいです。結果から言うと2位でスコアは69だったのですが優勝者が絶好調だったみたいで4打差で単独2位だったらしいです。。全く初めてのコースだったのでちょっと戸惑って3パットが1回あったのが残念だったと悔しがってました。彼はここのところパットは良くて20パット台で推移していますので後はアイアンさえ曲がらなくなればもっとスコアを伸ばす余地があると思われます。こっちへ来たついでなので今使っている物をブチ氏とチェックしてみたらアイアンの各番手で誤差が大きく左に曲がりやすい傾向があることが判明したのでアイアンもそれを踏まえて精度の高い物を制作する予定です。予定では来年、USアマに挑戦します。もしも勝って全英の切符を手にしたら私も全英に連れて行ってくれる約束をしてくれましたので是非、全英に連れて行ってもらいたいです。
[PR]
by KE_KGD | 2014-06-23 16:43 | KITADA GOLF | Comments(2)
Commented by リョウスケ at 2014-06-23 18:47 x
なるほど。単純に好みで指定したのにこんなにも緻密に計算して作られてる事にとても驚きです。
E社のアイアンも巷では高い精度と言われてるけど製品誤差はあるのですね。組み立て精度かな?
腕が追いつきませんがいつかTさん研磨のアイアン使いたいです。
Commented by KE_KGD at 2014-06-23 21:31
リョウスケさん、できるだけわかりやすいようにとは解説したつもりですがおわかりになられましたか?もし、他に疑問に思うことがあれば質問してください。E社のアイアンも悪くはないですが精度的には平均だと思われます。大量に作るとどうしてもある一定の範囲で誤差は生じますので完全を求めるのであれば必ずチェックして修正せねばなりません。一般のレベルの腕前であれば問題にならないことでもプロのトーナメントに出ようかというようなレベルの話だ゛とそれでは駄目なんですよね。精度の高いショットが打てる技量があればあるほどほんのちょっとの狂いも駄目ですべてがかみ合わないとうまくいかなくなるのです。
悪いところはわかっているのでニューアイアンの投入が楽しみです。