ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

アイアン制作 モデリングワックス

モデリングワックスて何って言われますと、まぁ蝋燭の塊みたいな物と思ってもらえればいいです。まず3Dスキャナーでもって作りたいアイアンの原型を計測します。ポリゴンデーターを3DCADに取り込んで修正を加えます。マシニングで削ってもいいんですがプロファイリング加工ってとっても時間がかかるのでプロッターで削って形状を確認します。
a0296812_20524473.jpg

下の画像はモデリングワックスをプロッターで削っているところです。
a0296812_20542497.jpg

できあがりがこれですが、形状がおかしかったらCADからやり直しです。
a0296812_21392.jpg

私のオークションがとってもさみしい状態でしたのでいくつか出品しました。DLC GALAXYのパターとか、ほかにも1円入札とか企画しています。出来るだけ安くしていますので皆さん是非私のパターを使ってみてください。よろしくね。
[PR]
by KE_KGD | 2014-04-29 21:07 | KITADA GOLF | Comments(6)
Commented by hagurepengin at 2014-04-30 08:27 x
削り出した物を手作業でカービングしてスキャン
取り込んだ物を再度削って
CADCAMで物を作ると人の手の感覚の鋭さを
再認識しますよね
Commented by リョウスケ at 2014-04-30 11:42 x
ヘッドの青い部分が気になりますw
オークションお宝がたくさんですね!
PCとにらめっこしてますw
Commented by KE_KGD at 2014-04-30 19:40
hagurepengin さん、人の手の感覚はなかなか図だけで表すのは難しいものです。線とか点だけでない部分がかなりあって立体として人間の目に映る形状は平面の図とは違うものです。CADだけで設計しても実物大の模型を作って確認しないと想像通りにはいかないものです。モデリングという作業は面倒くさいのですがそういうこともあり重要な工程です。
リョウスケさん、ヘッドの青い部分は商標の関係でまずいかなと思ったので塗りつぶしているだけで特に意味はありません。
オークションもちょっとずつですが出品を増やしたいと思っています。
Commented by Nori Takahiro at 2014-05-15 10:44 x
こういうのも、モデリングワックスを削る時代から、3Dプリンタで作る時代がくるんですかね。。。それはそれで楽しそうですが。
Commented by Nori Takahiro at 2014-05-15 10:44 x
こういうのも、モデリングワックスを削る時代から、3Dプリンタで作る時代がくるんですかね。。。それはそれで楽しそうですが。
Commented by KE_KGD at 2014-05-15 20:05
Nori Takahiro さん、3Dプリンタはまだしばらくは実際のヘッドを作ったりはできないと思います。未来では今みたいな樹脂ではなくて何らかの形で金属でも作れるようにはなってくると思います。切削によるワックス製作の利点は実際に工作機械にかけたときと同じシュミレーションが短時間で確認できるところです。卓上機ではプロッターも3Dプリンターも制度的なものは大型の工作機械には劣るので形状確認を簡単に行うことで改良が迅速に進むというのが最大のメリットですね。