ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

マシニングセンタが故障

弱り目に祟り目で体調が悪く、何とか良くなりかけたと思ったらマシニングセンタが1台故障してしまいました。今回はダメージが大きく、スピンドルのベアリングのようです。修理もおおごとで機械をバラバラに分解しなくてはなりません。スピンドルは自動車で言えばクランクシャフトみたいな物でそれのオーバーホールとなるとやはりエンジンを降ろして分解整備することになります。それと同じで画像に写っている部分をバラバラにして機械から降ろさねばなりません。交換の費用もかなりいりますがそれよりもメーカーに送ってリビルドしてもらうのに日にちがかなりかかります。1月以上使えないとなると仕事の段取りがかなり狂いますし、仕事をこなすのも他の機械で何とかしなくてはなりません。年末なので機械のメーカーに頼んでも今年中に分解するのはスケジュール的に無理っぽいので、待ってられないので自分でマシニングの主軸交換にチャレンジしてみようと思っています。物が重いという以外は、DOHCの4バルブエンジンに比べれば構造は簡単なので何とかなるでしょう。実は先月、コンプレッサーが1台故障して修理しました。コンプレッサーの故障はたいてい圧力スイッチかマグネットスイッチ、サーマルスイッチといった電気関係が多いのですが、モーターは回りますが何やら全く圧力が上がりません。ピストンに穴でも開いたかと思ってシリンダーヘッドをめくってみるとプーリーをクランキングしてみてもピストンが見あたりません。アレレ!?何故だと思ってシリンダーをのぞき込んでみるとコンロッドが大端部で粉々になってクランクケースの中にピストンが落っこちていました。このような状態では絶対に空圧は上がりませんので、コンプレッサーを分解してピストンとコンロッドを交換することにしました。
構造は簡単なので部品さえあればすぐに直せます。今は修理完了して元気に動いていますが、コンプレッサーのコンロッドってアルミのダイカストで出来てるんですね。50CCの原付のコンロッドでも鉄の鍛造で出来てるのにアルミダイカストで大丈夫なんだろうかと不安です。だから壊れるのかもしれません。クランクはかなり頑丈な鉄の鍛造で作られていましたからコンロッドも普通に鉄の鍛造じゃダメなんでしょうかね。この辺の事情はよくわかりません。大きいか小さいかでマシニングもコンプレッサーも大差ないだろうと楽観視している私です。
a0296812_022994.jpg

話は変わりますが先日、まあく君からお歳暮いただきました。
そんなに気を遣わなくても良いのにとは思いましたがいただけると嬉しいものですね。
京都のお菓子です。美味しくいただきました。
a0296812_0323518.jpg

本人はと言うと全日本中学選手権の関西地区予選に行ってまして、結果は地区予選クリアです。予選はまず通ることが肝心です。またひとつ目標をクリアです。次は全国大会です。調子は悪くないようですので体調に気を付けて頑張ってもらいたいです。
[PR]
by KE_KGD | 2013-12-22 00:38 | 機械 工具 | Comments(2)
Commented by taoten at 2013-12-23 17:40 x
悪い時は悪いことが続くもんですね。
今のうちに悪いのは全部出し切って、後は良いことばかりにしましょう!!
まあく君律儀ですね。
注目してます。
Commented by KE_KGD at 2013-12-26 09:24
taoten さん、悪いことは少しずつでないと、財布の中身が無くなってしまいます。そっちの方が正直、痛いです。マシンの修理は部品代だけでも100万近くかかりそうです。
まあく君は調子が上向いているようです。先日、話をしたときは最近は飛ばすことよりも狙ったところに落とせるようにしているとのことです。言うのは簡単ですが、それがいとも簡単にできるようになってくるあたりがセンスが良いんでしょうね。