ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

KG002F/G

KG002です。KG002に関しては時々掲載していましたが、あらためて紹介します。
下の画像はKG002FSUS303ブラックボロンです。今週は台風の影響で天気が悪く室内での撮影となりました。
a0296812_22365371.jpg

フェースのミーリング痕についてはスタンダードな物はKP-2より粗めです。ショートパットとか中距離くらいまでがややシビアな感じを受けるので、打感の調節のために粗く設定しています。ロングパットには定評があり、入らないかと思うパットも入ってくれると評価を頂けることが多いモデルです。フェースのミーリング痕の粗さに関してはオーダーで受ける場合は好みに合わせています。
a0296812_22461923.jpg

ソールはこんな感じです。
a0296812_22465096.jpg

構えた感じではこんな感じです。KG001と同じでネックの付け根の窪みや、ネックの前方の腹が隠れるようにネックがやや傾斜しています。こうすることでパターがよりスクエアに見えます。
a0296812_2249911.jpg

下の画像はKG002Gです。ラインが無くてトップブレードにセンタードットが有るタイプです。
画像の物はSM490Aでブラックオキサイトいわゆるガンブルーです。艶が有って綺麗です。
a0296812_22525684.jpg

次はDLCブラック。以前に撮影した物ですが、とっても黒くて美しい艶が有ります。
a0296812_22544233.jpg

SUS303ブラスト仕上げのものです。値段もリーズナブルな価格に設定してある一番お求めやすい仕上げのモデルです。
a0296812_2353951.jpg

下の書類はミルシートと呼ばれるものです。鋼材の質を証明する書類です。これはSM490Aを証明した書類です。上記のパターはこの材料で作られています。
a0296812_2301198.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-10-25 23:12 | putter | Comments(2)
Commented by life-is-vain at 2013-10-26 20:14
証明書を見てもチンプン・カンプンですが、使用者からすると、とても安心します。
私たちが確認できる手段はありませんので、紛い物でも標記を信じるだけです。
Commented by KE_KGD at 2013-10-26 20:25
life-is-vain さん、ミルシートなんてものは一応、どんな鋼材でも頼めば製鉄所は出してくれます。たとえば〇国や〇湾製などの中にはSUS303を謳いながら思いっきり磁石がくっつく物もありますから、私は絶対に嘘をついた物を作らないようにています。