ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

KG001特注

KG001の特注品です。これはなかなか作るのに苦労しました。まず、ネックの長さを決めるのにずいぶん手こずりました。オーバーホーゼルミッドスラントでと言う依頼でしたがインナーだったら今までヘッドは違っても沢山経験があるのでおよそどの位にすればよいといったデーターがあるのですが形が変わるとまず、ネックの太さそのものが大きく違って感じが全くちがった物になってしまいます。差し込み口の太さがシャフトの径と同じになるのでそこからのヘッド本体までのつながりの感じに違和感の無いようにサイズを決めなくてはならないのが、シャフトの径に制限されてしまうため、どうしても細く見えてしまうのをなるべく感じさせないように長さも確保するのが難しかったですね。オーナー様にはかなりの期間お待たせしてしまいましたが、精一杯頑張りました。画像は出荷前に撮ったのでシュリンクがしてありますが、感じは分かって頂けると思います。このパターはいい経験になりました。
a0296812_23504954.jpg
a0296812_23511782.jpg
a0296812_23514319.jpg
a0296812_23522127.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2013-08-30 23:54 | KITADA GOLF | Comments(4)
Commented by ganref at 2013-08-31 21:25
繊細なイメージのパターですね~私は好きです。見た目と違って、スラントは0.5テンポくらい打感が遅れてくる感じのものが多いのですが、そういう所も好きだったりします。
Commented by KE_KGD at 2013-09-01 08:10
ganref さん、このパターで苦労したところは、まさにスラントは0.5テンポくらい打感が遅れてくる感覚なんですよね。ソケットの長さと曲げる箇所、立ち上がりの位置とかいろいろなことで
感じが全く違ってしまいますので下手すると使い物にならないなんて事も有るのがスラントですから試行錯誤はかなりやりました。儲けよりも得られたノウハウが財産です。
Commented by taoten at 2013-09-01 11:19 x
インナーホーゼルのスラントネックとは凝ってますね!!

インナーホーゼルはトップブレードで方向性を出すタイプにホーゼルが邪魔と感じる方に良いようです。
ベントシャフトでも良いじゃないかなんて思う人もいると思いますが、百人いれば百人の好みでもあるし拘りだと思います。
その好みと拘りをを形にしてくれるパター製作者の存在は貴重です。

上から2枚目の画像でシャフトからネックのつながりの角度が美しいですね。
Commented by KE_KGD at 2013-09-01 19:51
taoten さん、ベントシャフトを使う場合はやはり最初からその設定で設計しないと頭でっかちなパターになってしまい、トゥ側が効き過ぎてしまう嫌いがあります。それとベントシャフトの場合ヘッド本体に挿さっている部分が空洞なので打感がイマイチ良くないことがあります。それとライ角や曲げ具合もシャフトの製造誤差が割と大きいので、細かい設定で作ろうとすると合わないことが多いですね。パターにはネックがあった方が良いです。