ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

特殊カッター

最近、買った特殊なカッターを紹介します。メーカーは富士元という会社です。どちらかというとマイナーな会社で住友や日立、サンドピックなど大手のメーカーにかくれて一般の人には馴染みの無いメーカーですが
私たち機械で加工する者にとっては、なかなか便利な工具を創っているメーカーです。マルチアングルミルと名付けられたこのカッター画像でおわかりいただけると思いますが角度が可変できるようになっています。
これまでもいろいろな特殊カッターを作り持っていますが、全て角度は固定で角度を変えようと思うとその度カッターを買う必要がありました。このような特殊カッターを別作で作ろうとすると数十万円することも珍しくなく、
コストに跳ね返っていましたが、これを使えば簡単に違う角度が選べます。このことは量産前の試作段階では非常にありがたいことで、適切な角度で段を付けることが試作段階で試すことができるようになります。
設計ではベストと思われていた角度も創ってみたら少し付きすぎとか足りないとか言ったことはよくあるので
簡単に変更がきくのは開発時間の短縮になります。
a0296812_0433017.jpg

次にこれも富士元のカッターです。バイテンダーと言う意味のよく分からない名前が付けてあります。
a0296812_0435676.jpg

a0296812_0405169.jpg

何の加工をするカッターかと言うと普通は穴の角の面取りをするカッターでいろいろなサイズの穴に合わせて
面取りをできるようにバーの長さで調節できる機構を持ったカッターです。私の所では機械がCNCなので
機械側でプログラミングすればいろんな直径の穴の面取りに対応できますので本来、必要のない工具ですが
なぜ買ったかと言うと、フェースのミーリング痕を付けるためです。フェースのミーリング痕は、通常、面取りカッターのチップの先でカリカリ引きずって削ることで付けています。先のマルチアングルミルの説明の時も申し上げましたが、たいていカッターの直径は固定で、サイズごとに沢山持つ必要があります。しかしこのカッターなら直径を任意に調整できるのでミーリング痕の粗さや模様も調整できます。
いずれ、これを使ったパターを作ってみようと思っていますのでご期待下さい。
[PR]
by KE_KGD | 2012-12-19 00:48 | 機械 工具 | Comments(2)
Commented by リョウスケ at 2012-12-19 06:46 x
PCの修理ご苦労さまでした。HDDがクラッシュすると大変ですよね。
僕も2ヶ月前くらいに調子が悪くなりHDD換装にしました。
普段からのバックアップの重要性を改めで思い知りました・・・。

この工具を使うとフェースに深いミーリング跡を残すことが可能なんですか?いいですね~。
Commented by KE_KGD at 2012-12-19 10:44
リョウスケさん、確かにバックアップは大切ですね。一応、バックアップデーターは取っているのですがデーター量が膨大なので入れ直すだけで大変な時間と労力がいります。何となくやばいという兆候があればそれなりの準備もしているのですが、突然死は後が思いやられます。
この工具を使えば深くできるわけではありません。
フェースミーリングの荒さは深さと送りピッチに関係していて
工具そのものは関係ありません。
この工具を使えばサイズ的な対応が柔軟になるということで
できあがりが変わるといったものではありません。
フェースミーリングの荒さはプログラミングの数値と工具の削り取る深さの設定によります。