ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

LM-19

このモデルはLM-19といいます。だったら17とか16とかあるの?と思われると思いますが
あるにはあります。ただ、イマイチ気に入らない所があるので今は18RSと19だけ作ってます。
時間ができれば他のNO.のモデルも改良しようとは思っています。画像の物はDLC☆GALAXYです。
18RSはテーラーメイドTPA18がモチーフであり寸法がやや大きいが形状のバランスはほぼ同じです。
オリジナルに比べグースが大きいのはオリジナルに対してブレード幅が広くなった分、フェースのトップラインにグースを合わせたのでその分オフセットが大きくなってしまいました。これに関しては
大きい小さいは制作時にどうにでも調整できるので、スタンダードはこの位置で固定して作っています。19はこの部分をホーゼル形状を変えることで同じグース度でも細い分曲げが小さくなった分
すっきりしています。ホーゼル形状が変わるとアウトラインの形状も18と同じではヒール側が張り出た様に見えるためこの部分の形状が変えてあります。ソールも19は船底です。トップブレードの形状も18は平ら19はRが付けてあり違いがあります。
なぜそうしたかはホーゼル形状によるところが大きいのですが継ぎ目を自然な感じにするためです。
a0296812_16542819.jpg
a0296812_16551955.jpg
a0296812_16553554.jpg
a0296812_16561392.jpg




ソケット形状としては、まず構えた状態から眺めたときにホーゼルの付け根周りと
トップブレードの先端形状に注意して作っています。下の画像の緑の線の部分、19は付け根のラインと先端のラインが平行に見えるよう作られています。他社製品の画像では赤の矢印で示してある所です。丸く半円になってますよね。こうだったら悪いと言うわけではありませんので誤解の無いようにして頂きたいのですが、私の場合この部分の形状によってフェース側のトップラインを見つめていると、くぼんで見えてきますのでフェースのトップラインが真っ直ぐに見えるように
工夫した物です。気にならない人もいますのでこれが良くてこれが間違いと言った物ではありませんが、私はこの方が良いと思って作っています。
a0296812_17131559.jpg
a0296812_1714021.jpg

[PR]
by KE_KGD | 2012-10-15 17:30 | KITADA GOLF | Comments(2)
Commented by チャーリー at 2012-10-15 19:28 x
埼玉のパンチパーマの人より情報をいただきまして。。。

以前お話を伺わせていただいたときに感じたのですが、私は北田さんの『感覚』の部分をすごく大切にしてモノづくりをしてらっしゃるところが凄く素敵で共感できます

これからもその感覚に期待しての良いクラブ造りを楽しみに致します

ブログにていろいろ勉強させていただきます
楽しみに致します
Commented by KE_KGD at 2012-10-15 19:56
チャーリーさん今後ともよろしくお願いします。感覚ってあやふやなものですが、クラブ作りはそれを可能な限り数値化する作業でもあるのです。世の中の全ての物、もちろんゴルフも物の理でありますから。