ブログトップ

KITADA GOLF DESIGN

kitadagolf.exblog.jp

ゴルフのヘッドの製作やその他諸々  お問い合わせはmasa_aya_izumi@yahoo.co.jp

JR播但線福崎駅でカッパと将棋してきました。
a0296812_12104860.jpg

a0296812_1282860.jpg

[PR]
# by KE_KGD | 2017-06-04 12:14 | Comments(4)
ついこの間まで寒かったのに、ここ数日は初夏の陽気です。車で福崎町を走っていたのですが暑かったのでアイスクリームでも食べたいなと思っていたところもちむぎアイスの事を思い出して公園の近くにあるもちむぎの館へ行きました。ここは前にも紹介しましたが、池からカッパが出てくるところです。この頃はカッパ以外にも天狗とかも設置されまして、天狗のロボットとかもあって平日なのに結構、人が訪れています。テレビの取材とかもちょうど来ていたみたいで撮影していました。下の画像は天狗のロボットで小屋から何やらブツブツ言いながらギギーッと戸が開いて出てきます。
手に持って咥えているのは土産物屋でも売っているどら焼きです。
a0296812_19585916.jpg

こんな子ガッパの置物も増えてました。
a0296812_203891.jpg

何なのかよく分かりませんが豚なのかイノシシなのかこんなのもあります。
a0296812_2043518.jpg

ベンチに座ってパソコンしている天狗がいました。
a0296812_2062234.jpg

何やら検索しているみたいですね。
a0296812_2072637.jpg

池から出てくるカッパも3機目になりまして今度は両脇に子ガッパもいます。
a0296812_209275.jpg

美味しいアイスを食べて帰りました。
[PR]
# by KE_KGD | 2017-05-19 20:14 | Comments(6)
前回、保持具を作りましたが今回は実際に機械を借りて計測してみました。兵庫県立ものづくり大学の中に設置してあるので行きました。使わせていただく機械はドイツ製らしくてカールツァイス社製の機械です。指導していただく方はIHIの社員の方で親切、丁寧に使い方を教えてくれました。その方の話ではこの機械、最初はSPring-8に置いていたらしいですけど、姫路へ引っ越してきたらしいです。私にとっては近いのでありがたいです。かなり高価な機械だそうで先っちょだけでも100万円位する部品をぶら下げています。慎重に使わないと大変なことになりそうです。
a0296812_20124732.jpg

あらかた操作方法を習って、実際に計測してみました。あまり大きなデーターだと時間がかかる上に
学校なのでPM5時で終わりなので、今回は外周だけ計測してみました。くるりと1周回ってあっという間に数値が測れました。取説のコピーもいただいたので使い方をマスターしてもっと色々計測してみようと思っています。下の図は計測したアンサーの外形です。
a0296812_20245666.jpg

[PR]
# by KE_KGD | 2017-05-11 20:27 | 機械 工具 | Comments(4)
PING アンサースコッツデールをCNC3次元計測機に掛けてみようと思っています。公益財団法人ひょうご科学技術協会というところに申し込んで兵庫県立ものづくり大学に設置してあるCNC3次元計測機を使わせていただく事になりました。保持具が必要とのことで急遽作成しましたが、たぶんこれで測れるのではないかと考えています。3次元で計測するとノギスで計るのと違って断面とか、部分的に数値を知ることができるので何か分かることがあるのでは無いかと期待しています。
a0296812_16311911.jpg

[PR]
# by KE_KGD | 2017-05-05 16:32 | 機械 工具 | Comments(2)
PING ANSER SCOTTSDALEは私個人としても大変興味の尽きないパターです。これほど工夫を凝らしたパターは他には無いだろうと思っています。各箇所についての研究結果は一度では載せきれないので少しずつ不定期に載せていきたいと思っています。下の画像のSCOTTSDALEはIさんからお借りしている物です。Iさんの話ではかなり初期の物らしく製法はサンドキャストです。砂型なので表面はザラザラ、お世辞にも美しいなどとは言えない状態の仕上がりですが、保管状態が非常に良いので変色したりグリップも少しひび割れしていますがシャフトは錆などが全く見られません。55年以上昔のパターとは思えない保管状態の良さです。元々は当時のPINGの製作部長の持ち物だったそうですがIさんがPINGで働いていたときに譲り受けた物だそうです。ANSER SCOTTDALEは最初は木型が有って、砂に埋めて型を取り、そこに溶解した金属を流し込んで作られていたそうです。その製法故なのかもしくは後で型に変更があったのかは分かりませんが、その後に作られたSCOTTSDALEはこれに比べると小さいのです。サンドキャストの初期型は全体的には一回り大きくトゥヒール方向には4mmも長いのです。
a0296812_1612862.jpg

下の画像は復刻版の物、ロストワックス製法の物です。ネック周りの形がこちらの方が綺麗です。
a0296812_1631328.jpg

研究が進んだら続きを載せますのでお楽しみに。
[PR]
# by KE_KGD | 2017-04-04 16:07 | putter | Comments(0)